たぶん、パリ

カテゴリ:さんぽ( 16 )

ラビリンス

初めて会う人のオフィスを訪れ
「じゃあどうもありがとう、さようなら」
と、さっさか帰ったと思ったら大間違い


d0157810_555031.jpg



巨大なチェス盤のような美しい床の模様にひかれ
写真におさめようと、勝手に階段を上りつづけ
各階でパチパチと、携帯カメラで撮りまくる

迷惑な訪問者?
でも思った以上にこの「ソワソワ感」が楽しいので
ちょっとライフワークにしてみようかと思ったりね
[PR]
by tabunparis | 2011-11-06 05:04 | さんぽ

日本名、フランス名


ペルシャ、
フランス語では「ヴァネッサ」らしい。




d0157810_1441276.jpg




ちなみにわたしは幼い頃
「クリーミイマミ」が大好きで
番組が終了して、後にはじまった「ペルシャ」に
恨み心を抱いたものです。
[PR]
by tabunparis | 2011-07-18 01:45 | さんぽ

7月14日


昨日、7月14日は革命記念日

シャンゼリゼ通りでパレードが行われたり
夜には花火が打ち上がったり
いろいろと盛りだくさんの一日ではあるわけですが

わたしは前日、お友達の誕生日会でおおはしゃぎしたおかげで
(要するに飲み過ぎて)
この日は一日中、ぐだぐだ
まあ、そんなものだ


夜になって、お友達と軽くごはんを食べに行くことになったので
やっと重い腰とあたまを上げて、自転車にのって待ち合わせ場所へ





d0157810_124989.jpg






おかげでバスティーユ広場にも立ち寄れた

7月14日はオスカル様の命日でもあるので
パリにいる時は、
なんとなくバスティーユ広場に行って彼女のことを思ったりしてみている


久しぶりに「ベルばら」、読み返しちゃおうかなー
[PR]
by tabunparis | 2011-07-16 01:30 | さんぽ

やじうま



近所のお気に入りカフェ
気分転換にちょっと寄り道、と思ったら

おやおや、何やら人だかり

どうやら何かの撮影中




d0157810_7205032.jpg




ここのカフェ、映画「ビフォア・サンセット」に登場したり
その他にもしょっちゅう撮影に使われているのだけれど
(もちろん、その度に営業が中断されているので結構こまる)

これほどの人だかりは珍しい

一体何の撮影かしら?と眺めていたら
「カメラに入ってしまうので、もう少し奥に行ってください」と言われたもので
ついでに聞いてみた
「誰がいるの?」

「Jean Dujardin と Gilles Lellouche だよ」

ふたりとも、フランスの人気俳優
ジャン・デュジャルダンはTVでも映画でも活躍の国民的(?)俳優だし、
ジル・ラルーシュも最近はセドリック・クラピッシュの新作の主役を演じていた


ほー、どれどれ

カフェのすぐ近くに住んでいる友達まで呼び出して、
撮影風景をじっくり観察してしまった

特に美形で評判、というわけではない彼らだけど
画面で見るより素敵ね、なんて
おばちゃんみたいな感想述べて
ミーハーに楽しんでしまいました
[PR]
by tabunparis | 2011-05-20 07:30 | さんぽ

高いところ



東京だったら、都庁とか東京タワーとか、森ビルとか。
丸ビルもはずせない。

パリだったら、エッフェル塔や凱旋門、モンマルトルとか。


高い所から見る景色が、昔からすごく好き


以前に日本で仕事をしていた時、
わたしが書いた「高い所が好きです」という文を見て
上司に笑われたことを思い出した

笑われるほど不思議なことかしら?と、不思議に思った記憶がある。





d0157810_6365892.jpg





普段はパリの美しい建物を見渡せる眺めばかりを見ているけれど、
ミニチュアのように見える地面を眺めるのも
また楽しい、
ポンピドゥーセンターの最上階から。
[PR]
by tabunparis | 2011-05-08 06:40 | さんぽ

春です


先週から、パリは毎日びっくりするほどに
いいお天気

「週末はくずれる」
「週明けはくずれる」
と言われながら、「くずれる」天気はまだ先のことらしい
月曜日の今日も、真っ青な空
ぽかぽか陽気


数日後には4月とはいえ
昨日から夏時間になったとはいえ

この時期に毎日快晴なんて、
あまりパリっぽくない




d0157810_74076.jpg



ちょっぴり予期せぬことがあり、動揺
(この国では日常茶飯事とはいえど。)

とりあえず、歩きながら気を鎮めようと
気づいたら
サン・ルイ島のまわりをぐるぐるしていた

でもお天気いいから、
ぜーんぜんへいき
[PR]
by tabunparis | 2011-03-29 07:07 | さんぽ

みんなの映画製作工場



ポンピドゥーセンターにて
ミッシェル・ゴンドリーによる「映画製作工場」なるイベントが開催されている



d0157810_1583184.jpg




無限の想像力を感じさせる
頭のおかしなセットがたくさんあって

大人も子供も関係なく、
みんな結構本気でふざけている



d0157810_1592576.jpg




詳しいことはよく知らないけれど
あらかじめ予約すると、
本格的な撮影が可能だとか。



d0157810_212275.jpg





映像関係の仕事をしている友達に話したら
「ああ、知ってる知ってる
今週末、仲間が予約していて12人で撮影しようって誘われたよ」
だって

プロが集まって何かやらかすなんて、
ずるすぎる!
結局どうなったのかな



d0157810_225598.jpg




今度の週末までというから
もう一度行って、ふざけた写真撮って来たいわ
[PR]
by tabunparis | 2011-02-23 02:04 | さんぽ

日曜日のかくれんぼ

例の「日曜日の朝」から、
気づけば1週間が経っていた

そして、話の続きを書くことなどすっかり忘れ
頂いたコメントで思い出す始末。

(前はもう少し、ちゃんとしていたんだけどなあ)



閑話休題。


不思議なたてものを通りすぎて向かった先は、
彫刻家、アントワーヌ・ブールデルの美術館。



d0157810_7562073.jpg




もともとは本人の住まいだったというこの建造物
没後は改修、拡張されて立派な美術館に。

モンパルナスの駅から歩いて5分もかからない場所にあるというのに、
とても静か。
庭の緑が茂っていて
パリの真ん中とは思えない



d0157810_758152.jpg




おそろしく大きくて、そして美しい彫刻たちを
ひとつひとつ鑑賞して時を過ごすはもちろんのこと

作品の裏に彫られたサインをじっくり観察してみたり
「このマークはなんぞや?」と
疑問を投げかけてみたり
(答えは追求しない)


d0157810_80016.jpg




はたまた、日本の民家にもありそうなホースに目をとめて
古びたドアの色とのコントラストに惹かれ
ついでに写真に収めてしまったり


d0157810_81670.jpg




・・・といったおふざけは大概にして、


とにかく、素敵な場所です。
ロダンの弟子であったということもあって、フランスでは非常に名が知れた彫刻家らしいが
(わたしは近年まで知らなかったが)
訪れる観光客はあまり多くないので、
ゆっくりと流れる時間を楽しむことができる
隠れた名所なのでは。


d0157810_832846.jpg



また行こうっと
[PR]
by tabunparis | 2011-02-14 08:05 | さんぽ

日曜日、朝


半年くらい前から新たな習慣となった、
週末午前中のプール通い

この週末は断念して
今日日曜日の午前中は、普段あまり足を踏み入れないモンパルナスの方へ



行き慣れない、見慣れない場所
時々びっくりするような建物があったりする




d0157810_4365744.jpg




歴史ある、淡い色の建物と並ぶとちぐはぐだけど、
そのコントラスト
わたしはそれほど嫌いじゃない



d0157810_4372249.jpg




日曜朝の散歩、
つづく。(たぶん)
[PR]
by tabunparis | 2011-02-07 04:38 | さんぽ

みるか、みぬか


「アリエッティ」が公開されるらしく
街のあちこちでポスターを見かけます



d0157810_3503332.jpg



「ARRIETTY」
ローマ字で書くと、なんだか小洒落た感が増す、
と思うのは、気のせい?

おもしろいのかなー 見るべきかしら。

先週封切りになった、ソフィア・コッポラの「Somewhere」と
どちらから先に見るか、考えちゅう
[PR]
by tabunparis | 2011-01-13 03:53 | さんぽ