たぶん、パリ

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さようなら、こんにちは



日本ではずっと家族と暮らしていて
今はパリで、ひとりで生活している。

そのせいもあるだろうけれど、
ここにいると
ひとりで考える時間、自分と向き合う時間が
断然多い。


だからそのぶん
自分の中の変化にも、すごく敏感になる

状況の変化、考え方の変化、
人との関わり方の変化


そして自分のまわりで起こる出来事や
人との出会いに
いちいち意味を感じてしまう
(感じずにはいられないことが多すぎるのだ)





d0157810_423882.jpg





大事なものを無くした時の、言葉にできない、やりきれない気持ちも
それをきっかけにした、興味深い出会いと期待感も
すべては必然、と思いたいし
思わずにはいられない
(もれなくついてくる「妄想」が、実はいちばん楽しいのだが)


とりあえず、
毎日全力投球で。
[PR]
by tabunparis | 2010-05-31 04:21 | わたし

異国の緑茶



もともとはイギリスのものらしい、
オーガニックのティーバックシリーズ

いつもはずれがなく、
パッケージも好みで
最近のお気に入り。




d0157810_23362310.jpg




これは、緑茶

緑茶はやっぱり日本ものでしょ、
なんて思いながらも、つい買ってしまったら
予想以上においしい

緑茶、というよりも
「グリーンティー」っていう感覚で
(同じ意味ではあるけれど!)
マグカップで飲みたい感じ


それが味のせいなのか、
パッケージからくるイメージのせいなのかは
よくわからないな
[PR]
by tabunparis | 2010-05-23 23:39 | おきにいり

目かくし中



昨年のオープン以来、大人気
もはやパリの観光名所(?)となった
コンセプトストア、Merci

お店が入っている建物の外壁を
清掃中のようで

味気ない囲いに、
「Merci」のタギング



d0157810_1354393.jpg



なかなか、粋だわ



ちなみに、パリの建物すべて
外壁の清掃は、街の外観を保つために
パリ市によって義務付けられている。

職人さんが働きやすいからなのかな?
毎年この季節になると、清掃中のアパルトマンが
急に増えるのであります
[PR]
by tabunparis | 2010-05-23 01:39 | さんぽ

常夏の味



せっかくブログをはじめたのに、
カメラを手に外へ行くことはおろか
書く余裕さえ持てない、ここ数日

それでもやっと、時間をつくって
お友達と久々の外食

仲良しの、モーリシャス出身の友人行きつけの
「モーリシャス料理」のレストラン


モーリシャス料理って、どんな料理?


海に囲まれている暑い地、というだけあって
基本的には「辛いもの」をよく食べるらしい。
それから、地理的な関係なのかな
インド料理に近いものが多いんだって


前菜に選んだのは
サムサなどの、揚げ物の盛り合わせ



d0157810_924196.jpg



ちっとも油っぽくなくて
食べやすく、おいしい
ふんだんに使われたコリアンダーがすごくいい



メインは「海老のカレー」

ちなみに「カレー」
フランス語では「Curry (キュリー)」だけど
ここのお店では「カリー」だった
無駄に親近感。




d0157810_926342.jpg




ぷりぷりした海老と、スパイスのきいたソースが
とってもおいしい



前菜もメインも、日替わりの2種類だけの
とても小さなレストラン
少し不便な立地なのに、毎日満員なんですって

食べて納得

パリにある、郷土料理のレストランって
おいしいけれども大雑把で、ごちゃごちゃした感じのお店が多いけれど

ここの食事は程よく上品
内装も同じく、控えめだけれどセンスがいい感じ

唯一残念なのは、
わたしの写真があまりおいしくなさそうな所ね・・・




d0157810_9323156.jpg



またすぐ行きたい!




Comme sur une île
83 rue Orfila 75020 Paris
[PR]
by tabunparis | 2010-05-15 09:36 | たべる、のむ

島のおもいで



少し前の週末
青い海に囲まれた小さな島に、遊びに行ったとき

たった2泊だからと、
履いて行ったスニーカー以外に
靴を持たず。

さすがにおうちの中だと、
ちょっと不便


買い出しに行ったスーパーで見つけた
ピンクのエスパドリーユ、





d0157810_711167.jpg





たった5ユーロだったので
気軽に買ったら
思いのほか、とてもラクチン履きやすい

もちろんパリまで持ち帰って
いまは、わが家での室内履きとして大活躍


知らなかったけど、
こちらの人の多くは
かかとをつぶして履くんですって

スリッパ感覚で、わたしたち日本人にぴったり
[PR]
by tabunparis | 2010-05-05 07:16 | おきにいり

どこであれ、それが



いままで、日常を綴っていた場所に
さようならして
新たな場を求めたのは、

もっと気ままに、
もっと自由に

そしてもっと個人的なことなども
書いてみたいと思ったから




d0157810_1312551.jpg





「たぶん、パリ」

今はパリにいるけれど
これからのことはまだよくわからないし

パリでの生活を記していくけれど
きっと別のことも、たくさん話したいから


このブログをとおして、
素敵な出会いや
新しい発見が
たくさん訪れますように
[PR]
by tabunparis | 2010-05-03 13:13 | わたし