たぶん、パリ

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アメリカ・イン・パリス



数ヶ月前にオープンして話題の、
サンジェルマン・デ・プレにあるラルフローレンの巨大なお店。

その中庭にあるカフェレストラン
その名も「Ralph」
評判をよく聞くので、どれどれ一度試してみよう、と
お友達とランチに行って来た



d0157810_3262951.jpg



テラスが、なんとも言えない素敵な空間


多分ユニフォームなのだろうストライプのシャツを綺麗に着こなすウエイターやウエイトレス、
それ以外の、ラルフのコレクションに身を包んだ女性も何人か
お店のスタッフは、みんなとてもセンスが良い


わたしが選んだのは、「Ralph sandwich」というクラブサンド
全てがとてもバランス良くて、
女性には少し多いボリュームなのだろうが、ぺろりとたいらげちゃいました



d0157810_3301639.jpg




決して安くはないお値段なので
そうしょっちゅうは行けないけれど
たまには思いきりおしゃれをして
仲良し女友達と、優雅な時間を過ごしに訪れたいわ
[PR]
by tabunparis | 2010-08-22 03:32 | たべる、のむ

パリのインスピレーション



やっと、やっと
イブ・サンローラン展に行って来た!

確か半年ほど前から開催していたにも関わらず、
終了間際に駆け込むのは、いつものこと。



d0157810_22383577.jpg


クリスチャン・ディオール時代からの、
彼のコレクションが300体も展示されている、
文字通り「圧巻」なエキスポ。

展示の仕方もすごく面白くて、
こういうところはさすがだな、パリ。
と、しみじみ思う。


「ココ・シャネルは女性を解放し、
サンローランは女性に力を与えた」
と書いてあったが、
まったく古さを感じさせない彼のアーカイブは、
未だわたし達に、夢を与える。


とにかく、
「行ってよかった!」と何度も言ってしまう、
素晴らしいものでした
[PR]
by tabunparis | 2010-08-15 22:36 | さんぽ

ふたつのスプーン



鎌倉の、大好きなひとがやっている
大好きなお店で購入した
小さな、小さなスプーン。

パリに戻って来てからもらった、
南米のおみやげ
テラコッタの手作りスプーン。




d0157810_019382.jpg





ここまで小さいのは、なかなかないだろう。
と思ったのに、
一度にふたつも!

せっかくだから、オブジェのように
きれいに飾ってみたいかも
[PR]
by tabunparis | 2010-08-12 00:22 | おきにいり

夏をおいかけて


さてと
やっとパリに戻って来ました

噂には聞いていたけれど
うーん、やっぱり肌寒い

東京を発ってまだ数日しか経っていないのに、
過酷なほどのあの暑さをすっかり忘れて、むしろ恋しく思ってしまうほど!


どんよりした曇り空
少し太陽が見え隠れしている、ある日の午後
ロダン美術館に行って来た


パリの街はがらがらなのに、
美術館の入り口は観光客で溢れ返っていた




d0157810_2341417.jpg





美術館の美しい庭に足を踏み入れた途端
お日さまが顔を出し、
汗ばむほどの快晴。
パリにもまだ夏がいたようだ!


長い里帰りのあと
故郷を恋しく思うならば
迷わず、「これぞパリ」といえるような
贅沢な風景を見に出かける

これがわたしの、ホームシック対策
[PR]
by tabunparis | 2010-08-09 02:39 | さんぽ

もうちょっと、いれば



あれ、まだいるの?
とか
あれ、もう帰るの?
とか
聞かれるこの頃でしたが、
そろそろパリに戻ります


実は今夜の便に乗る予定だったのだけど
出発前に余裕を持って
実家でのんびりしていたら、一本の電話

どうやら、乗るはずの便の遅延が決まり
出発が明日の朝になるんだと。
12時間の遅れ!




d0157810_2145525.jpg




びっくりしたけど、
パリに朝の4時着というのが、もともとイヤだったし
着いた日に予定も入れていなかったし

何よりも、家にいた時に知らせてくれてよかった!
空港で一晩待ちぼうけ、なんてことになったらね・・・ ぞっとする!



毎日バタバタしていた1ヶ月の東京滞在、
最後はハプニングのおかげで
のんびりな一晩を過ごしております
[PR]
by tabunparis | 2010-08-03 21:50 | 日本で